未分類

千葉の親戚・後編

更新日:

レースの結果でしたが、叔父さん500円→25,000円になったみたいです。

「いや~!ひさびさにこんなに勝ったよ~♪」

なんて超喜んでましたよ(笑)
レースの内容ですが、テレビが小さいせいか、おじさんが大きいせいか?
テレビの画面自体が見れなかったですぅ(爆)

で、叔父さんは気分がよくなったのか?
その日の夕食はご馳走でしたよ♪
どーやら、その勝ったお金をご馳走にはたいちゃったみたいです(;^ω^)

内心

「なんがめやぐだな~(なんか申し訳ないな~)」

っとは思いましたが、
ちゃっかりゴチになっちゃったちゅわこです(^▽^;)

夕食の時に、叔父さん(叔母さんの弟)も仕事から帰ってきて加わりました。

「今日は25,000円ついちゃったよ~♪」

っとビールを傾けながら叔父さん同士、馬談義が始まってます。
競馬の勝敗ではなく、どうも馬そのもののお話をしてるみたいでしたが、
激しい千葉なまりのために、何を言ってるのかよくわかんなかったですw
「んだっぺよ~!」を連呼してるのはわかりましたがっ(汗)
叔父さんたち、ちゅわことお母さんには、標準語だったんですよね(笑)
ちなみに叔母さんは津軽弁でした。

津軽弁だっきゃ、一生忘れね~

って言ってましたよ。
でもなぜか、叔父さん(旦那さん)と話す時は標準語な叔母さんでした(笑)
そうそう、叔父さん(旦那さん)ちゅわこたちには、

「競馬は、自分の小遣いで遊べるからいいんだ。
 それに今日の25,000円はまぐれみたいなもんで、
 なかったかもしれないんだからさ。」

なんて語ってましたよ。
そーいえばそこの親戚のお家には、その時初めて行ったんですよ。
千葉でも都心の方らしく、親戚宅は団地だったんですけど、
近所に雑木林があったり、お水がわいてるとこがあったりと、
想像以上に自然がいっぱいで、ビックリしちゃいましたよ。
お水がわいてるとこは、近所の人たちが、
空のペットボトルを持ち寄って、お水を汲みに集まってました。
叔母さんは、

「水道水は飲めたもんじゃないから、みんな、
 飲料水はここのお水を飲んでいるのよ~。
 このお水、なかなかおいしいのよ♪」

なんて言ってましたよ。
雑木林は、叔父さん(叔母さんの旦那さん)がお散歩に連れて行ってくれました。
青森と違って、木の背が高いんですよね(驚)
青森の倍はありそうな感じです。
梢では、小鳥が楽しそうにさえずってます。
お母さんが

「こーやってみると、青森って意外と緑が少ないのかもね…」

なんて言ってました。。。
う~ん、さびしいっ><

終わり

-未分類

Copyright© 午後のひととき , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.