母っちゃの介護(8)トキさんとK先生の続きです~。

ちゅわこ家で利用したデイサービスでは、
青森のタクシー会社が送迎を請け負っていました。
そこのタクシー会社はデイサービスやショートステイの送迎だけでなく、
各病院の送迎バスも請け負っています。

母っちゃがまだ、人と受け答えが出来ていた時に聞いたのですが、
デイサービスの送迎車(ハイエース)は、専属のヘルパーさんが居るのですが、
運転手さんも送迎車の仕事のために、ヘルパー資格を取得したんだそうです。

運転手さんは年輩のおじさんが多かったですが、一人女性の運転手さんが居て、
母っちゃはその方と仲良くなって、色々とエピソードを聞いたようです。

朝は7時半までに出勤で、10時半までがデイサービスの送迎時間。
その後は通院の送迎があればそちらに回るけど、
送迎がなければ自宅に帰っていたそうです。
時給だったのか?その分は無給みたいな…
母っちゃの話なので本当の所は謎ですが…
その女性の運転手さんは、日中自宅に戻れる時は、
ご飯支度や掃除などをしていたそうです。
お孫さんもいらっしゃるとの事でしたが、よく働くなぁ~。。

当時、母っちゃのデイサービスでは、かかりつけの病院への送迎を
無料サービスでしていて、運転手さんがしていたのはそれでした。
ちゅわこ家でも利用させていただいて助かってたんですが、
母っちゃが入って2年位で、諸事情にて終了してしまいました。

その後、そこのデイサービスは、看護師さんを置かない体制になるため、
体調が安定せず、時々倒れる母っちゃのような利用者は、
系列のデイサービスに移動することになりました。
系列のデイサービスに移動したあたりでまた色々あったのですが…

前回の記事で思い出しましたが、K整形外科への通院、
最初の頃は「通院介助サービス」も利用していました。

最初、ケアマネージャーに

「介護タクシーを利用したいのですが」

と言ったのですが、当時

「介護タクシーはありません」

って言われてこのサービスを選んだんですよね。
なんだけど…市役所の介護関係の部署行くと、
介護タクシーというのが項目にあるし…今も謎な所です。。

通院介助ですが、ヘルパーさんに自宅に車で来てもらい、
病院で診察に付き添ってもらって自宅に送ってもらう。というものです。
当時の料金は介護保険がきいて、一回千円位だったかな…
(今はどの位かかるか不明ですが…)

通院介助サービスは、2社ほど利用させていただきましたが、
どうにも対応が悪くて、結局ちゅわこが病院に連れて行く事になりました。

一社目はスタッフの対応は良かったんですが、杖を病院に忘れる、
あげく予約した日に来ない時があり、
ケアマネージャーに言って別の業者さんに変えてもらったんですが、
二社目は、ちゅわこの仕事中に携帯に、

「予約した日がこちらの都合で無理なので、○月○日の○時に行きます」

って電話が来たのですが、その日は一ヶ月前から、
かかりつけの病院の診療予約が入っていた日だったんです。

ちゅわこ
「認知症の他に内科の病気もあり、予約は常にいっぱいなので変更は不可能。
何よりお薬が無いと体調が維持できなくなるので、
キャンセルして整形受診は無理です!」

と言ったのですが、なぜか全く聞き入れてもらえず、

「この日でないとできません!」

と繰り返し…ちゅわこは押し問答の末にブチ切れて、

「じゃぁ結構です!もう解約します!」

と言ってしまいました(;´・ω・)
そこ、1回しか利用してなかったんですが…
それ以来、整形受診は会社休みの土曜日の午前中になりました。

その頃から仕事がきつくなり、
土曜出勤を強制されるようになってきたんですが拒否してました。

一度、執拗に上司に言われて渋々出た日もありましたが、
30分で逃げて翌週上司に叱られたり…
遊んでるわけではなくて、母っちゃが不穏や徘徊で目離し出来ないので、
やむを得ず逃げたんですが、上司が理解する事はありませんでした。。