ちゅわこの母っちゃは無名の画家でったんず。
絵ば描いで地元の展示会などで販売して、
ちゅわこど妹はその収入で育ててもらったんたもんだがも。

母っちゃが絵ば描き出した経緯はよぐ分がんねんず(^-^;
小せ~時から、絵の展覧会で賞取ったって話は聞いでだばって、
プロとして描き出したのは、多分だばって…最初は絵看板がらだったど思います。

ちゅわこの家では、家業で看板屋ばやってったんず。
父っちゃが仕事取って来て、母っちゃが書いで…
当時は今みたいにPCで製作でねくて、トタン板とがさ直接ペンキで書いでました。
父っちゃも書いでだばって、父っちゃはトタン板と木材で看板ば作って、
車で取付に行ったりする方が多がった気がする。
父っちゃも書いでだばって、下書きしてからでった気が…
母っちゃは習字上手くて、下書きさねくても直接書げるんだぇな~。

当時は文字だげの看板だげでねぐ、絵看板の依頼も多がったはんで、
母っちゃが描いだ絵看板で、父っちゃが才能ば見いだしたのがも分がんね(;^ω^)

で、よぐ依頼してくれるお客さんがら、
肖像画とか風景画とがの製作依頼ば受げで描いてあったど思います。

ちゅわこが覚えでだのは、キリスト教会のアメリカ人宣教師さんど、
家族ぐるみで付合あって、その宣教師さんのツテで、
三沢基地で絵ば販売した事があったんず。
なんが色紙さ水彩画ば大量に書いだりしてだな~ポインセチアとが(笑)

三沢基地でクリスマスの時期にイベントがあって、
でっけ~パネルさクリスマスにちなんだ絵ば描いで展示するのもやったな。
母っちゃがコンパネのボード4~5枚さ、キリスト誕生の絵描いでました。
和風チックってが…今でいう所の「戦国時代系のゲームのイラスト」みてだ感じで、
マリア様が赤ちゃんキリストば抱きかかえで、周りの人が喜んでらんた絵でした。

とごろがイベントの数日前、納品直後にそのパネルの、
マリア様ど赤ちゃんキリストの部分が何者がによって盗まれだんず(;´・ω・)
で、急きょ、その部分だげもう一回描いでけって話さなって、
母っちゃが徹夜して描ぎあげだんでねがったがな?
二度目に書いだマリア様が、すげぐ悲しそうだ顔してだんず。
母っちゃは「わざと悲しそうに描いだんだ」って言ってました。
思う所あったんだべね。。

平成さ入って、父っちゃは病気で亡くなったんだばって、
その後、母っちゃは「得意だ絵ば売りたい」って思ったらしぐ、
地元の美術会さ入ったんず。
その美術会では展示即売会もやってだし、
青森では割と名の通った画家さんも所属してました。
で、展示即売会や、会員さんの関係の病院で販売してました。

だばって…歳いってきたっきゃ、母っちゃ絵描かなぐなって、
8年前からは認知症さもなってまったはんでの。。

家さは母っちゃの絵が十数枚ぐれ~あるばって(探せばもっとあるべが?)
これはこのまま放置するのも勿体無な~って思って…
皆様さ見でもらいてな~って思い、ブログで公開する事にしました!

実はヤフオクだのメルカリでちょごっと販売も試みだんず。
母っちゃさ聞いだら「売っていい」ってしゃべったはんで。
(頭ハッキリしてだ時に聞きました、元々売るつもりで描いてだ人だはんで、
いだわしいとが、手放してぐね~って気持ちは無いみたい)

が、値段設定(1号あたり5千円、これは父っちゃど母っちゃが決めだ設定だんず)
高すぎるんだがさ…全然売れませんでした><

「欲しいけど買えない…」

ってコメントいただぎましたし…
やっぱ今は、絵だなんて買う余裕ある人が減ってらんだべな。。

その一方で、

「懐かしい」

「今は亡き父を思い出した」

「絵を見て泣きました」

なんてコメントもいただいだりしまして(^▽^;)
母っちゃの絵ば世に出す意味はあるがなって改めで思った次第でございます。
もう認知症で、絵描げね~どは思うばって、本人的に励みさなるど思いますので。。

話長ぐなりましたが、絵っこ、一部だばってご紹介いたしますm(_ _)m
油絵の画像はクリックへば拡大画像さなるので、細けどごも見れるど思います。

秋の十和田・奥入瀬渓流
キャンバスの大きさは53cm×45.5cm(F8号)
わらすの頃、この紅葉の渓流はじめスケッチのために、
あちゃこちゃ出がげでだ思い出が。


寒風耐え忍ぶ寒立馬
キャンバスの大きさはF10号(530×455(mm))


野山を走る馬の群れ
キャンバスの大きさは72.7cm×60.6cm(F20号)
たんげもでっけ~作品です。


馬力大会(ばんえい競馬)
キャンバスの大きさは72.7cm×60.6cm(F20号)
たんげもでっけ~作品です。
この絵ば描ぐために、地元で開催されでら馬力大会(ばんえい競馬)さ出がげだり、
馬主さんの家さ訪問して写真ば撮らせでもらってたりしてだな~。
そういえば最近は、地元でもあまり開催しちゃ~話、聞がねぐなったな~


馬方と馬搬
キャンバスの大きさは41cm×31.8cm(F6号)
母っちゃの実家は昔農家で、牛だの馬だのヤギだの飼ってだそうです。
当時は既にバスやトラックもあったばって、運搬さは馬も活躍してったみたいです。


馬と夕焼け
キャンバスの大きさは27.3cm×22cm(F3号)
大きさ的にはA4よりもちゃっけ~がな?
母っちゃの作品ってでっけ~のが多がったんだばって、
これは珍しぐちゃっけ~作品です(^▽^;)


イワシ
これは額装ではねぐ、キャンバスの麻布さ描いでら作品です。
キャンバス地の大きさは縦約16cm、横約31cmになります。
なんでイワシなのか?謎だ作品(笑)


昭和のリンゴ収穫期 小昼っこ(休憩)
キャンバスの大きさは38cm×45.5cm(F8号)
母の実家のリンゴの収穫の光景ば描いたものだそうです。
真ん中のおばちゃんは、ちゅわこの婆っちゃ、横の男の子は、ちゅわこの叔父さんらしい。
どちらも今は亡ぐなってまったばって…
ちゅわこは、よぐこの絵さ話かげでらんず。
スピリチュアルだ話さなってまるだばって…
この絵っこの婆っちゃど叔父さんが答えでけでらんた気するんだぇなぁ(^▽^;)


最近ちょっと思ってるのは、
この絵っこば、絵はがきだのTシャツだの「グッズ化」してみようかなって…
欲しくてもじぇんこ出せね~人さも、懐かしんでもらえるがなって思ってます。
何より、一人でも多ぐの人さ見でもらいたいし!
…売れるがどうがは分がんねんだばっての~(^-^;

っても…今のちゅわこさグッズ作る余裕もねーはんで、
こごはやっぱ、クラウドファンディングやってみるがな~って(^▽^;)