未分類

ネーミングが謎だお店/「カステラサンドバナナクリーム&チョコクリーム」食ってみだ

更新日:

前回の日記猫の宮尾が亡くなって一週間。。。では
皆様温かいコメント、本当にありがとうございましたm(_ _)m

しけだ話でったはんで、気引けでだんだばって
(って…結局それでも書いでらし)
皆様それぞれ、いろんな“別れ”ば乗り越えられでだんだなぁって
しみじみ感じましたし、コメント読ませでもらって涙コ止まりませんでした。。。
ホントにありがとうございます!
いづまでも悲しんでねで、けっぱらねばの~!

というわげで「通常運転」(=グダグダ日記)さ戻ります~。
今日のタイトル「ネーミングが謎だお店」だばって、
ちゅわこが最近の通勤経路なんだばって、
ひとつの通りさ、変わったネーミングの店が3軒あるんず~。
まず一軒目。

これ「ブルドッグ」でねして、「ブルドッなんですよね。
たんげも前から、青森では知る人ぞ知る存在でったみてだばって、
ちゅわこが気付いだのは最近でした~(笑)
旅館さ犬種?ばマッチングさせるって発想がすげ~です。
横のブルドックソースのマークみてだ絵っこも味があるし(^▽^;)
建物自体はちょっと大きめだ家って感じがなぁ。
ブルドックだけに、犬ど一緒に泊まれるんだべが?
てが…今やっちゅ~んだべが?とが…
いろんな事ば考えでまるんた旅館です~。
同僚でこの近所さ実家ある人居るはんでそのうぢ聞いでみよっと。

そして二軒目、ブルドック旅館の向かい側にある床屋さんなんだばって↓

北極圏で夜に見られるという「オーロラ」ではなく、
コワモテのおっさんが喋る「おるら~!」でもねぇ~んですよね。
名前の由来ば聞ぐためだけに店さ入るのも都合悪いなぁ(^▽^;)
しても今、散髪すー予定もねーしなぁ(苦笑)

三軒目は、ブルドック旅館ど床屋オロラーより、わんつか離れでらがな?

好景気ど上海万博でただいま↑↑↑な中国の首都「北京」に
「ニュー」が付いているのが謎です。
確かに三千年以上もの歴史を誇る中国よりは歴史が浅いようです(んだでば)
てが…この店おいしそう…ちょっと食いに入ってみてど~♪

青森市内はほとんど行ってまってらなぁって思ってだばって、
こーゆー光景見でまれば、
青森ってまだまだ発掘すどごあるんでねが?って思わさるがも。
というわげで、まだ何が見つけだら、ブログネタさしようど思います~(笑)

さてさてもう一個のネタ
「カステラサンドバナナクリーム&チョコクリーム」
だばって、こちらです~↓

青森県民のソウルフードメーカー工藤パンのロングセラー商品「カステラサンド」
パンの間さカステラどバタークリームばサンドしたもので、
パッケージはピンクっぽいんだばって、
このパンはバナナ風味だけに、まぶしい位の黄色だパッケージです(笑)
中はこった感じさなってます↓

写真では分がりづれんだばって、
カステラどパンの間上下2ヶ所に、
バタークリームが薄~ぐ挟まってらんだばって、
上段がバナナ風味、下段がチョコ風味の
バタークリームを使用するという芸の細かさです。

でっけーだけに食いにぐいんだばって、
ガブっと一気に食ってみだ所、
バナナどチョコのフレーバーがお口の中に広がりました~。
これはこれでめぇ~がも♪
してもちゅわこはノーマルのカステラサンドの方がいいな…(;^ω^)

-未分類

Copyright© 午後のひととき , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.