母っちゃの介護(6)意識消失の続きです~。

意識消失で倒れるようになってから数年位は、
特にこれと言った治療も見つからずで、
その間も「体調が悪い」と訴えるたびに仕事を休んで病院に連れて行く、
という日々で、2~3年が過ぎました。

腸の変形の病気(突発性腸間膜静脈硬化症)の方は2年ぐらい
定期的に県病で検査したものの、変形した腸はそのままだったけど、
食事療法や下剤の効果なのか?症状は進行していないため、
2年ほどで定期検査は打ち切りになりました。

なんか重い話が続いたので…今日は介護用品(福祉用具)について書いてみます(;^ω^)

母っちゃが認知症になり、足腰も悪くなったので、
いくつか介護用品を買ったりレンタルしたり、家の改造をしたりしました。

ご家族を介護されている方は多分ご存じかと思いますが、
介護認定を受けた人は、介護用品が安く買えたり、借りられたりできるんです。

世帯収入によって違うかもしれませんが、買う場合は定価の1~2割だったかな?
レンタルは月/何十円~高くても数千円ぐらいだと思います。

段取りとしては、

まずはケアマネージャー(介護支援専門員)に相談

介護用品取扱業者を紹介

希望する用品やサービス等を相談・購入・レンタル

って流れです。

こちら、うちにある介護用品のカタログです。
今年3月に介護用品の業者さんからいただいたものです。


車いすや杖などの定番品から、遠隔見守り商品などのハイテク商品など…
介護にまつわる商品が網羅されてて、見てて飽きないです(^▽^;)

こちら介護用品の定番「車いす」のページ


うちで契約した業者さんはレンタルサービスがあって、
車いすは月300円でレンタルしていました。
ちゅわこ家で借りたのは持ち運びしやすくて、
軽自動車でも積めるような軽量タイプでした。
カタログには軽量タイプとか、電動多機能とか、
いろんなタイプがありますので、用途によって選ぶ事ができます。

このページの杖は、歩行が不安定なお年寄りのために、
杖の先が4点で支えるというものです。
手を離しても自立するやつですね。


母っちゃはこの中のこの杖を、月70円でレンタルしていました。


写真だと分からないんですが、先端部分が可動式になっていて、
道路など凹凸のある部分に先端がフィットするので、
安定して歩行できるという結構スグレモノでした(^-^;

何年もレンタルしてて、杖の先のゴム部分が裂けたんですが、
無償交換してもらえて、有り難いなと思いましたね^^

そこの業者さんは、介護用ベッドもレンタルできました。


…が、それを知ったのはベッドを買ってしまってからでした(;´・ω・)
数回ベッドを使った後に、「床に布団敷いて寝たい」と言い出し、
ベッドは無用の長物と化しております(;^ω^)
メルカリに出そうと思うものの、イマイチ気が進まない…

モノによってはレンタルできないものもあります。
例えばこのポータブルトイレ。
衛生上、他の人には貸し出せないというのが理由らしい。


こちら自宅にあるやつなんですが、
手すりにトイレットペーパーホルダーが付いているんです。


中はバケツ状になっていて、
毎朝出して洗浄して、防臭剤を入れておいてました。


あとはトイレの様式便座も買取でした。
うちは和式便所で、膝が悪い母っちゃにはしゃがむのが不便でしたので…

他には自宅の外階段がかなり急こう配だったので、
手すりを付けてもらいました。


階段がかなり古くて、基礎部分を一部工事し直して、
それから手すりを取り付けしたので、本来なら十数万かかったんですが、
我が家では一割負担で2万行かなかったと思います。

一つ一つはちょっとした事なんですが、やはりあると無いとでは、
本人やご家族の苦痛が違ってきます!

あと、介護用品はホームセンター等でも売られていますが、
商品バリエーションもそれほど多くないですし、値段も高いので、
急ぎで必要でもない限りは、ケアマネージャーに相談して、
介護保険を使った方がお得だと思います~。